杉山慎



講師
地球圏科学専攻 雪氷・寒冷圏科学コース
sugishin_lowtem.hokudai.ac.jp (_のところに@を入れてください。)
Shin Sugiyama Home Page

こんな研究をしています

 アルプスやアラスカの氷河を見たことがありますか?山岳地域の谷を埋める美 しい氷河は、地形をつくり、淡水を蓄え、また気候変動の指標として、重要な 役割を果たしています。また南極やグリーンランドを覆う巨大な氷床は、その 変動が海水面変動や海洋の循環に大きな影響を与え、地球規模の気候変動と強 く結びついています。氷河での野外観測、コンピュータを使った数値計算、室 内実験などを通じて、氷河・氷床のさまざまな振る舞いを理解することが私た ちの研究目標です。


こんな学生を求めています

 氷河・氷床に興味がある、優秀な、または優秀になりたい気持ちのある、学生 さんを求めています。氷河を見たことがなくても、野外観測の経験がなくても 構いません。むしろ物理や数学の基礎学力を持っている方、実験や装置開発の 経験のある方は大歓迎です。氷河観測と数値解析が中心になるので、野外や海 外での生活、英語、コンピュータなどが得意だといいですね。もちろん元気と 根気強さがあれば、テント暮らしやプログラミングの経験がなくても問題あり ません。


研究テーマ

 いつでも氷河へ観測に行ける訳ではないので、プロジェクトの有無によって選 べる研究テーマは限られます。すでにやりたいことが決まっていても(例えば 南極で観測したい、など)、その課題に取り組めるかどうかはわかりません。 氷河・氷床の研究という枠の中で、様々な課題に柔軟に取り組んで欲しいと希 望しています。これまでに取り組んできた研究プロジェクト、研究課題は こちらで見ていただけます。氷河観測のようすに興味がある方は こちらから写真を覗いてみてください。


指導方針

 研究課題やその解決方法を相談し、進捗を確認しながら研究を進めたいと考え ています。本人の能力や性格に応じて、ちょうど良い程度の指導(口出し)が できたら理想的です。野外観測や数値計算が始められるよう準備しますので、 そこからは自分で勉強と工夫をする努力をして欲しいと希望しています。

修了後の進路

 氷河の知識を直接活かせる職業は限られています。しかし、研究を通じて身に つけた科学知識、観測技術、発表手法、海外経験や語学力などは、広く社会で 活躍する良い素養になります。そのようなユニークな能力を活かして、一般企 業での技術研究、環境行政、環境コンサルタント、教育などの分野で活躍を目 指して欲しいと思います。もちろん、世界の大学や研究機関で活躍する 研究者が育つことも期待しています。