北大低温研 氷河・氷床グループ

Theses (Master)

  • Surface elevation change of calving glaciers in northwestern Greenland
    • Naoki KATAYAMA (2016)
  • グリーンランド北西部における高濁度海水域の変動
    • Yoshihiko OHASHI (2015)
  • グリーンランド北西部における氷帽の表面高度変化
    • Jun SAITO (2015)
  • グリーンランド北西部カナック氷帽における表面高度変化, 質量収支, 流動速度
    • Mihiro MARUYAMA (2015)
  • NGRIP氷床コアを用いた過去300年間の不揮発性微粒子の化学組成
    • Ayaka OKAMOTO (2014)
  • 南パタゴニア氷原ペリート・モレノ氷河とアメギノ氷河の末端変動と表面標高変化
    • Masahiro MINOWA (2014)
  • Ice front variations and velocity changes of calving glaciers in the Southern Patagonia Icefield
    • Daiki SAKAKIBARA (2013)
  • TerminationIにおける南極ドームふじ氷床コアに含まれる水溶性微粒子の化学組成
    • Ikumi OYABU (2012)
  • ネパールヒマラヤ・ヤラ氷河における近年の氷厚および流動変化
    • Kenta TONE (2011)
  • 南極ドームふじ地域の表面雪に含まれる不揮発性微粒子の化学組成分析
    • Akira TSUCHIMOTO (2010)
  • A numerical glacier flow model for dating an ice core drilled at Aurora Peak, Alaska
    • Takehiro FUKUDA (2010)
  • スイス・ローヌ氷河末端部における表面融解量の空間分布
    • Takeshi YOSHIZAWA (2010)
  • アラスカ・ランゲル山雪氷コア中の酸素・水素同位体比とその古気候学的意味
    • Takeshi TOIDA (2009)
  • Changes in surface flow speed over the past 100 years, Rhonegletscher, Swiss Alps
    • Daisuke NISHIMURA (2008)
  • The effect of the North-East Greenland Ice Stream (NEGIS) on the Greenland ice sheet in changing climates
    • Shoko OHTSU (2007)
  • カムチャツカ半島ウシュコフスキー山アイスコアによる過去250年の気候復元
    • Tatsuru SATO (2007)
  • 南北両極の氷床コアに含まれる塩微粒子の分布と化学組成
    ~Termination Iにおける大気エアロゾルの変動との関係~
    • Toshimitsu SAKURAI (2007)
  • Heinrich Event Intercomparison with the ice-sheet model SICOPOLIS
    • Ryoji TAKAHAMA (2006)
  • 山岳雪氷コアを用いた北太平洋域における近年の詳細ダスト変動、及び輸送・沈着過程
    • Teppei YASUNARI (2005)
  • カナダ・バフィン島・ペニー氷帽氷コアの物理層構造の特徴
    • Junichi OKUYAMA (1999)
  • 南極ドームFコアにおけるクラスレート数密度が示す古環境情報
    • 平松 賢泰 (1999)
  • X線透過法による氷床コアの解析
    • 田行 一成 (1997)
  • レーザートモグラフィーによる南極ドームF深層コアの解析
    • 藤井 道子 (1997)
  • 氷結晶中の空孔に関する実験的研究
    • 森川 公彦 (1997)
  • 南極氷床中に存在する air hydrate 結晶の構造解析
    • 永谷 英樹 (1995)
  • N2,O2ハイドレートの分子動力学シミュレーション
    • Shinichiro HORIKAWA (1995)