末端氷河湖の形成に起因した氷河の変動メカニズムの解明

 氷河の末端に形成される氷河湖は、カービング(氷山分離)や流動速度の上昇 を引き起こし、氷河の後退を加速させる可能性があります。しかしながら、湖の 形成が氷河流動に与える影響は十分に理解されておらず、その結果生じる氷河変 動を観測した例はほとんどありません。私たちは、スイスアルプスのローヌ氷河 に形成された氷河湖に着目し、2007年から詳細な観測を実施しています。

 ローヌ氷河は長さ約9 km、面積約17 km2の山岳谷氷河で、19世紀 から現在にかけて急速に縮小が進んでいます。氷河の後退に伴って、氷河末端と の前方にある岩盤凸部との間に、2005年に氷河湖が形成されました(図1)。
 この湖がローヌ氷河の流動に与える影響を明らかにし、ローヌ氷河の今後の変 動を予測することがこのプロジェクトの目的です。新しく開発した熱水ドリルで 氷河を掘削し、底面水圧や底面流動の測定、氷底堆積物のサンプリングを行うな ど、氷河内部と底面で測定を行うことを特徴としています。これまでに、正確な 岩盤高度を明らかにしたほか、2000年以降に氷厚の減少が加速していることがわ かってきました(図2)。ローヌ氷河での観測の様子は こちらでご覧になれます。このプロジェクトは、スイス連邦工科大学と共同して進めています。


図1 ローヌ氷河末端部の写真。写真左側の氷河末端部に氷河湖が見える(撮影は2008年8月)。



図2 (a) ローヌ氷河末端部の地図。グレー斜線部が氷河湖、黒丸が2007年に熱水掘削を実施した位置を示す。
等高線は従来予想されていた底面高度。
(b) A線(図2a)に沿った氷河縦断面図。掘削によって明らかになった氷河底面高度(黒丸)と
2000年から2007年にかけての表面高度の変化を示す。実線は従来予想されていた底面高度。



Member: 杉山慎津滝俊西村大輔吉澤猛
Keyword: 氷河、氷河湖、気候変動、スイス、熱水ドリル、GPS、氷底堆積物
Contact: 杉山慎