南米パタゴニア氷原、ペリート・モレノ氷河における短期流動変化

 南米のチリ・アルゼンチン国境に広がるパタゴニア氷原は、世界でも類を見ない降雪量 によって形成され、数多くの溢流氷河を流し出しています。ペリート・モレノ氷河は氷原 の東側、アルゼンチンに流れ出す氷河で、末端が河川をせき止めて氷河湖を形成すること で知られています。定期的に起きる氷河湖の決壊現象に加え、多く氷河が後退傾向にある 近年もほとんど規模が変化していない、ユニークな氷河です。私たちはペリート・モレノ 氷河にて流動速度の観測を行い、その流動メカニズムに関する研究を行っています

 2008年12月から2009年1月にかけて、GPSを用いた流動速度の測定を行い、流動速度が日周期 で変化していることが明らかになりました。氷河底面に流れ込む融解水の影響で流動速度が日 周期変動することは、アルプスや北米の氷河において明らかされています。しかしパタゴニア の氷河でも同様な変化が生じていることがこの観測で初めて明らかになりました。本プロジェ クトでは今後も現地での調査を実施し、ペリート・モレノ氷河の流動特性を明らかにするとと もに、特異な氷河変動や氷河湖決壊との関係に着目して研究を進めていきます。氷河での観測 の様子は こちらでご覧になれます。このプロジェクトは、筑波大学を中心としたグループとの共同研究です。


図1 ペリート・モレノ氷河末端の写真。写真左側で氷河が対岸にのり上げて、河川をせき止めている。



図2 氷河上のくぼみにたまった融解水。融解水が底面に流れ込むことで、流動速度が変化すると考えられる。



Member: 杉山慎津滝俊、安仁屋政武(筑波大学)、内藤望(広島工業大学)、榎本浩之(北見工業大学)
Keyword: 氷河、パタゴニア、流動、氷河水理学
Contact: 杉山慎