パタゴニア ペリートモレノ氷河
2008-12-23 ~ 2009-01-12

榎本浩之 (北見工業大学 工学部)
内藤望 (広島工業大学 環境学部)
杉山慎 (北海道大学 低温科学研究所)
津滝俊 (北海道大学 低温科学研究所)
安仁屋政武 (筑波大学名誉教授)
福田明 (静岡大学名誉教授)
磯野真滋 (静岡大学 工学部)
長谷川信美 (宮崎大学 農学部)
Pedro Skvarca (アルゼンチン南極研究所)


湖に流れ込むカービング氷河の変動メカニズムの解明を目的として、南パタゴニア氷原にあるペリート・モレノ氷河で観測を行いました。GPSによる流動速度測定、トータルステーションによる表面高度測量、気象データの回収、デジタルカメラによる流動速度測定、氷河周辺の植生分布調査、木片サンプリングを行いました。